クランデールヒストリー

1961年東京都中野で八百屋の長男として生まれる
1984年明治大学商学部を卒業してセブン-イレブン・ジャパンに入社
1988年実家を継ぐ為にスーパーマーケット各部門の仕事を覚える
1991年千葉県野田市にオーガニック食料品店を開店
1992年オーガニックの食料品店を閉店
1997年有限会社かわた青果の社長に就任
2001年千葉県松戸市にスーパークランデールオープン
2009年株式会社かわた 代表取締役に就任
2011年東日本大震災後、オーガニックスーパーを再度目指す
2017年オーガニックオンラインマーケット coco seasons 開設

■美と健康のために、人と地球に優しい食材をお求め易い価格でご提供します

私たちは、食材を通して、お客様の命と健康に密接に関わる仕事であると考えています。

より良い食材・食品をお求め易い価格でご提供するために、バイヤー・経営陣・各担当者など、社員ひとり一人が、あらゆる部門で、商品企画、品揃え、店舗内のコーナーの設営から、広報、POPなど、大切に、大切に、丹念かつ緊張感を持ってお店づくりを行っています。

■食の安全を大切にします

私たちは、安心・安全と確認ができた食品だけをお客様にお届けしています。

できるかぎり産地を訪ね、生産者と向き合いながら、消費者の皆様においしさとともに安全もお届けしたいと考えています。
また、食品・水・土壌・素材の高感度放射能度測定器を導入し、独自の放射能検査も実施しています。

全ての商品を安心してご購入いただくために、できることから、積極的に取り組んでいます。

■おいしさと楽しさのために、こだわりの食材を厳選します

選りすぐりの食材や調味料、新鮮さにこだわった野菜、天然魚など、「おいしい」を楽しんでいただくための食材選びも充実させています。
季節の果物や新しい話題の健康食材なども、折々に仕入れて、皆様の食の楽しみをサポートしています。

スーパー クランデールでは、「顔の見える」地元野菜をご提供し、地産地消にも貢献しています。