オーガニックスーパークランデールは千葉県松戸市にオープンして21年、お客様の健康の一助になれたらとの思いで歩んできました。今、日本では、食品表示法の改正により、遺伝子組み換え表示をはじめ、多くの表示義務がなくなりつつあります。このままでは、私たちが日々口にするものが何でできているのか、知る術を失ってしまいます。もし、商品の表示を見なくとも安心してお買い物ができたら、、、そんな理想のスーパーを目指し、100%オーガニックへの挑戦に至りました。そして、ここ松戸市だけにとどまらず、各地のスーパーさんが同じ思いを持って、日本中にオーガニックの輪が広がっていくことが私たちの願いです。皆様からの暖かな応援を力に変えて、笑顔あふれるオーガニックの専門店をつくります。

1.クランデール、オーガニックの歴史

100%オーガニックのお店について語る前に、まずクランデールがこれまでどのようにオーガニックに向き合ってきたか、少々昔話をさせてください。

八百屋の息子として生まれた私、川田裕司は幼いころから野菜に囲まれて育ちました。大人になり、家業を継ぐためスーパーで修行をしました。その時に見た、しこりのある肉や背骨の曲がった魚が、抗生物質など薬剤の投与によるものと知り、その肉や魚を食べる人間にも同じことが起きるのでは、と不安に思いました。野菜の農薬や除草剤のことも含め、修行時代の経験が「安全な食材を販売したい」と強く思った原点です。

家業を継いだ後は、当時数少ない無農薬の野菜や無添加のお菓子をかき集め、オーガニックのお店づくりに邁進しました。しかし、当時はオーガニックにほとんど関心のない時代。売れない日々が続き、オーガニックをあきらめ、普通のスーパーに戻しました。それからは、オーガニックではないものの、地元の農家さんたちと手をとりあい、地産地消を掲げ、少しずつ持ち直していきました。

やっと軌道にのれたかな、そう思い始めたころ、忘れもしない2011年3月11日、未曾有の大災害が日本を襲いました。関東の野菜への放射能汚染の不安と松戸市がホットスポットとして知れ渡ったことで、地元の新鮮な野菜を買いに来るお客様で行列ができていた店は一瞬で閑古鳥が鳴く有様。かつてない赤字が続き、ここまでかと思ったとき、どうせやめるのなら、一度はあきらめたオーガニックをやってみようと大きく舵を切りました。 そうして震災後、オーガニックの道を着実に進み始めたクランデールは、今では遠方からのお客様も増え、順調に業績を回復しています。現在は店内の70%がオーガニック商品となっています。

2.100%オーガニックへの挑戦

以前から100%オーガニックのスーパーにしたいという思いはありました。そして数年前から食を取り巻く問題が露見しはじめ、100%が求められているという兆しも感じていました。しかし、普通のスーパーの頃から支えてくれている近隣のお客さんのことを思うと、なかなか踏み切れずにいました。そんな中、食品表示義務がなくなることを知り、食を提供する私たちにできることは何か、、、

出した結論は、

私たちがお客さんの代わりに商品の安全を確認し、提供すること

すなわち、100%オーガニックのお店をつくり、皆様に安心してもらうことです。

3.オーガニックカフェ、COCO CAFÉの併設

クランデールがお客様に提供できるものは、“商品”だけではないと考えています。もし、忙しいママ、パパたちがお買い物のついでにホッと一息つける場所があったなら、、、。そして、オーガニックの輪を広げるために、情報の共有や意見交換はとても大切なことだと思っています。もし、食に関するセミナーやワークショップなど楽しいイベントを通してたくさんの人が学び、交流を深めることができたなら、、、。そんな願いをかなえるべく、100%オーガニックのお店の隣にカフェスペースをつくりたいと考えています。

4.前代未聞!100%還元クラウドファンディング!?

このプロジェクトを実現するにあたり考えたのが、100%還元クラウドファンディングです。通常の寄付型のクラウドファンディングとは異なり、ご支援いただきましたお金は、クランデールが運営するオンラインショップCOCO SEASONSのお買い物ポイントに「全額」還元いたします。すなわち、支援していただいた方々のお買い物の利益分をこのプロジェクトの資金として活用するという仕組みにしています。

 参加型クラウドファンディング!ぜひお買い物をお楽しみください!

※ご支援いただく際には、COCO SEASONSでの会員登録をお願いいたします。

※還元ポイントの使用期限は5年間とさせていただきます。

5.資金の使い道

ご支援いただいたお金は、以下の用途で大切に使わせていただきます。

・安全で美味しい食品の仕入れ

・商品棚、レジ周辺機材、冷蔵・冷凍ケースの費用

・内装の一部費用

・オーガニック惣菜の開発費用

・プラスチックフリーの包装購入費用(ビーワックス(※1)を使用したもの等)

・はだか野菜の販売システム確立のための費用

※1)ビーワックスとは … 何度でも繰り返し使用できる蜜蝋を練りこんだラップ

6.今後のスケジュール

7月・8月    各食品メーカーに成分の確認

        商品のセレクト

       生産者さんとの契約その他

9月      上旬 内装完成  

        中旬 外装に着手

         下旬 備品搬入

10月         商品搬入

10月4日   OPEN予定

7.終わりに 

私たちはオーガニック食で日本を変えたいと願います。

オーガニックがあたり前になる事で多くの問題が解決されることを知って欲しいのです。

オーガニックスーパークランデールは

オーガニック=「仕組み」「プロセス」という考えを基づいています。

生産者が作物をどのように作りどのように管理しているか?に始まりスーパーからお客様の手元に届くまでの全ての仕組みそのものをオーガニックと捉えています。

お客様、生産者、スーパーの一連の輪で、次世代の健康を支えていく100%オーガニックの世界を目指したいと切に願っております。

体は食べたもので出来ており、子供、孫の代へと続いていきます。

お客様の「この商品は安全ですか?」という不安に耳を傾けそしてオーガニックの食を通して皆様の健康を支えるスーパーとして今後も社会に貢献して参ります。

オーガニックスーパークランデール

川田 裕司